ニュースリリース

2019年3月25日
プルタブ収集活動13年目 累計355台の車椅子を全国の福祉施設に寄贈 ~小さなココロが大きな未来へ~

リリース全文(PDF:877.4 KB)

パチンコホールを中心に総合エンターテイメント事業を展開する株式会社マルハン(本社:京都・ 東京、代表取締役社長: 韓 裕)は、2018年度に全国のマルハンで収集したプルタブ約640万枚を一般社団法人 環公害防止連絡協議会を通じて車椅子4台に交換し、マッチングとして購入した車椅子1台と合わせた計5台の車椅子を、営業店所在地域の福祉施設へ寄贈いたしました。当社におけるこの活動は今年で13年目を迎え、本年度寄贈分を合わせて累計355台の車椅子を全国の施設に寄贈いたしました。

日頃マルハンをご愛顧いただいているお客様はもちろんのこと、当社の店舗をご利用にならない方々にも「マルハンがあって良かった」と思っていただけるよう、企業・従業員ともに社会が持つさまざまな問題に真摯に取り組み、今後も良き企業市民として地域貢献活動に努めることで、社会への責務を果たしてまいります。


▲寄贈式の様子(新名張店)




▲寄贈式の様子(福島店)



▲寄贈式の様子(相模原店)




【2018年度 車椅子寄贈先】

寄贈した車椅子

代表店舗

寄贈日

寄贈先

マルハンフレンド351号

新名張店(三重県)

2019年2月28日

社会福祉法人弘仁会
特別養護老人ホーム国津園

マルハンフレンド352号

村松店(静岡県)

2019年2月21日

静岡市社会福祉協議会
清水区地域福祉推進センター

マルハンフレンド353号

福島店(福島県)

2019年2月26日

社会福祉法人
福島市社会福祉協議会

マルハンフレンド354号

鈴鹿店(三重県)

2019年2月27日

社会福祉法人
鈴鹿市社会福祉協議会

マルハンフレンド355号

相模原店(神奈川県)

2019年3月1日

社会福祉法人 
特別養護老人ホーム柴胡苑





【マルハンの
プルタブ収集活動について

■活動の経緯

マルハン美しが丘店(北海道)が、近隣の小学校からの依頼に協力したことが始まりです。それが北海道営業部全体の取り組みへと広がり、マルハン50周年(2007年)を機に全社の取り組みになりました。

■プルタブの回収について

毎年1~12月までの期間に全国のマルハン店舗で回収したプルタブを、翌年1月に環公害防止連絡協議会を通じて車椅子に交換し、2月に営業店所在地域の福祉施設へ寄贈しています。



▲2018年度 車椅子寄贈報告ポスター