ニュースリリース

2017年2月9日
第1回マルハン接客コンテスト全国大会を開催初代グランプリは双子のママ
~12,000人の中から接客力No.1スタッフが決定~

リリース全文(PDF:885.2 KB)

パチンコホールを中心に総合エンターテイメント事業を展開する株式会社マルハン(本社:京都・東京、代表取締役社長:韓 裕)は、2017年2月7日(火)マルハン新宿東宝ビル店にて「第1回マルハン接客コンテスト全国大会」の最終審査会を実施し、エリア大会、営業部大会を経て選出された32名のファイナリストの中から、千葉みなと店の河野(かわの)千佳(ちか)さんがグランプリを受賞しました。

初代グランプリとなった河野さんは、一年間の育児休暇を経て現在、時短勤務中の双子のお母さんでもあります。「こうしてママになっても働き続けられるのは、マルハン、そして皆さんの支えのおかげ。すべての出会いに感謝したい」と涙ながらに笑顔でコメントし、「人との出会いや触れ合いを通じてお客様の人生にヨロコビを届けたい。『嫌なことがあったから、今日はこの人に会って笑顔をもらおう!』そうお客様に思ってもらえる場所を提供し続けたい」と今後の抱負を語りました。

最後に、当社代表取締役社長 韓 裕が「マルハンの接客レベルはパチンコ業界だけでなく、どんなエンターテイメントビジネスでも立派に通用することを確信させる大会となった。こんなにもたくさんの素晴らしいスタッフに恵まれていることを、とても心強く思うと同時に誇りに思う。マルハンの価値をお客様に懸命に伝える、その皆さんの一日一日の行動こそがマルハンを支えている。未来のマルハン、そしてその先にある経営理念の実現に向けて、これからも皆さんと共にチャレンジしていきたい」と第1回全国大会を締めくくりました。

当社はコーポレートメッセージに「人生にヨロコビを」を掲げており、エンターテイメントを通じてお客様に喜びと安らぎの場を提供することで、明るく楽しい社会づくりに貢献することを経営理念としています。マルハン流の大衆エンターテイメントは"一人ひとりのお客様に感じていただく小さな感動の積み重ねにより実現する"という考えのもと、お客様との触れ合いやコミュニケーションを生む「接客」は当社の重点取り組みのひとつです。

【第1回マルハン接客コンテスト全国大会】

 

全店の接客レベルの底上げを目的に、マルハン初の全国大会として昨年6月にスタート。コンテストを前に全国の店舗では接客力向上に向けた様々な施策が検討・実施され、さらに磨きをかけた接客技術による最高のホスピタリティで全国の従業員約12,000名が第1回全国大会に臨んだ。

最終審査会のために全国から集まったファイナリストたちは、ほぼ全員が新宿東宝ビル店でのホール業務はもちろんのこと、新宿東宝ビル店に来るのも初めて。普段とは異なる環境で、初対面のファイナリストたちと連携をとりながら、初めて会うお客様の応対をすることとなるため、接客力やマナーだけでなく、柔軟さや臨機応変さも求められるハイレベルかつ、心的プレッシャーが大きい大会となった。

エリア大会や営業部大会など、小規模なコンテストはこれまでに実施されていたものの、全国規模で行うのは2016年度が初めて。当社は本年度以降、全国大会を継続していく予定。

【開催日程】
2016年6月1日~7月31日 各店舗代表選出(918名)
2016年8月1日~10月31日 エリア大会:エリア代表選出(126名)
2016年11月1日~12月31日 営業部大会:営業部代表選出(32名)
2017年2月7日 全国大会:最終審査会(グランプリ1名、準グランプリ2名、審査員特別賞4名)

グランプリ
千葉みなと店 社員 河野(かわの) 千佳(ちか)
(2008年入社)


準グランプリ
新宿東宝ビル店 社員 川畑(かわばた) 誠也(せいや)
(2013年入社)


準グランプリ
苗穂店 社員 寺田(てらだ) 未来(みく)
(2006年入社)

審査員特別賞

卸本町店

CSキャスト

内田(うちだ)()奈美(なみ)

亀有店

CSキャスト

一瀬(いちのせ) そら

太田店

CSキャスト

吉野(よしの) 由佳(ゆか)

美しが丘店

CSキャスト

佐藤(さとう) (はな)()

※CSキャスト:営業店で働くアルバイトをマルハンではCSキャストと呼んでいます