ニュースリリース

2018年2月26日
「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定~心と身体の健康づくりと自発的な健康管理を実現する取り組み~

リリース全文(PDF:572.3 KB)

株式会社マルハン(本社:京都・東京、代表取締役社長:韓 裕)は、2018年2月20日、経済産業省と日本健康会議が主催する「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定されました。

パチンコホールを中心に総合エンターテイメント事業を展開する当社は、2015年11月11日に制定した「マルハン健康宣言」の「健康への7つの方針」に基づき、従業員とそのご家族の健康に関わる様々な施策を、マルハン健康保険組合と協働で展開しています。2017年には、健康の維持・増進に対する取り組みやその成果に対してポイントを付与する「ヘルスケアポイント制度」を導入し、会社主導の指導や教育などの取り組みだけではなく、従業員が楽しみながら自発的に健康管理を行っています。また、当社には臨床心理士を含む「企業医療職」が正社員として在籍しており、身体だけでなく心の健康づくりにも重点を置くなど、全社で積極的に健康経営に取り組んでいます。

株式会社マルハンは、すべての従業員がその能力を十分に発揮し活躍できるよう、「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」として、今後も健康経営を継続し、企業価値の向上に取り組んでまいります。





■当社の取り組み(一部)

・健康の維持・増進に取り組む従業員にポイントを付与する「ヘルスケアポイント制度」を導入し、
ポイントに応じて賞品を支給。
・勤怠管理システムと健康診断結果を連動させ、長時間残業者の健康状態を確認。
必要に応じて(または本人が希望する場合)保健師、産業医が面談。
・臨床心理士が正社員として在籍し、従業員のメンタルヘルスを管理。
・経営幹部に健康診断の結果、健保の医療費、健康に関する施策などを定期的に報告。 ほか

■マルハン健康宣言

私たちは「人生にヨロコビを」という理念を掲げる企業として、疾病予防と健康保持・増進への取り組みを通じ、豊かな人生の構築と会社の健全な発展に努め、幸せで希望に満ちた明るく楽しい社会づくりに貢献します。

健康への7つの方針:

1.健康意識向上への取り組み
2.生活習慣の改善への取り組み
3.からだの健康への取り組み
4.メンタルヘルスへの取り組み
5.家族の健康への取り組み
6.女性の健康への取り組み
7.安全な職場環境形成への取り組み

■健康経営優良法人認定制度とは

日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む大企業や中小企業を顕彰する制度。

※詳しくは「経済産業省」および「日本健康会議」ウェブサイトをご覧ください
経済産業省 : http://www.meti.go.jp/press/2017/02/20180220003/20180220003.html
日本健康会議: http://kenkokaigi.jp/