サタパナ銀行(カンボジア国内における商業銀行業務)

ビジョン カンボジア王国において最も信頼されるリーディング・バンクとなり、全国の人々と企業にあらゆる商業銀行サービスを提供する。
ミッション カンボジア王国の全土にわたって、先進的な技術を用いて最高のフル・バンキング・サービスを提供することにより、人々の仕事・生活の向上とカンボジア経済の持続可能な発展に貢献する。
事業内容 銀行サービスの提供や日本からの投資促進を通じてカンボジアの発展に寄与すべく、2008年に、同国初の日系商業銀行マルハンジャパン銀行を開業。2016年4月、子会社の大手マイクロファイナンス機関サタパナ社と統合した、新生サタパナ銀行はカンボジア全土に168の拠点を持つカンボジア第2位の商業銀行です。
企業規模 総資産合計:約1,028百万ドル(約1,161億円)
融資残高:約794百万ドル(約897億円)
資本金:120百万ドル(約136億円)
預金者:約29.5万人
融資数:約12.5万人
従業員数:約4,340名
本社 No. 83, Preah Norodom Boulevard, Sangkat Phsar Thmey 3, Khan Daun Penh, Phnom Penh Capital, Cambodia
代表者

CEO: 加藤 紀彦

企業ホームページ 企業ホームページはこちら