マルハンマルハン

メニュー

ここから本文です

2015年度インターンシップ 最終 社長プレゼン開催

2015年11月24日

2015年度インターンシップ 最終 社長プレゼン開催

弊社の宿泊型インターンシップは『当社の企業理解を深め、来年度の弊社合同説明会を学生自らが作り、それを社長にプレゼンする』ことを通じて、社会人として必要な「理解する力」「人を感化する力」「人前でプレゼンする力」を養うことを目的としており、1700名のエントリーから選考を経て選ばれた59名(計10チーム)が宿泊型インターンシップに参加し、予選を勝ち抜いた5チーム(23名)が、先日 当社代表取締役社長 韓裕の前でプレゼンテーションを行いました。


5つのプレゼンテーションの中から最優秀に選ばれた「OICOS」のプレゼンテーションを、来年度、人材開発部採用担当が行う合同説明会で実際に使用する予定です。


当日は、

学生の皆さんは緊張しながらも人事部採用担当者になりきり、それぞれが考え抜いた「合同説明会」を披露してくれました。



全体的に、どのチームも、「企業概要」、「企業情報」、人生にヨロコビを、業界を変える、世界レベルのエンターテイメント企業になる、といった「マルハンイズム」などが中心ではありましたが、




中には、

「ROE」や「キャッシュフロー」などの財務面を取り上げたり、給与体系を取り上げたり、学生自身が興味をもった学生ならではの視点のプレゼンテーションも聞くことができました。



手法も、しっかりと語りかけるオーソドックスな方法以外に、演劇のよう伝えるユーモアな方法もあり、
全てのプレゼンテーションが、何をどう伝えれば伝わるのかを考えた熱意・真剣さが伝わるものでした。


プレゼンテーションを終えた学生からは、

「とても緊張し、言葉が飛んでしまった。でも、とても楽しくできた。」

「チームとしての一体感をもってやりきることができた」

「メンバーとぶつかりながら一つもものをつくってこられた」

など一つのことをやり遂げた達成感に満ちた清々しい学生の皆さんの表情が印象的でした。


学生の皆さんには、このインターンシップを通じて「理解する力」「人を感化する力」「人前でプレゼンする力」磨いてくれたのではないか感じるとともに、
逆に、我々自身も新たな気付きなどをもらえた大変有意義なインターンシップとなりました。


学生の皆さんありがとうございました。


これから学生の皆さんにはこの経験を活かして、自身の夢の実現に挑戦して行って欲しいと思います。


我々も、人生にヨロコビを、業界を変える、世界レベルのエンターテイメント企業になる、といった「マルハンイズム」の実現に向けて挑戦していきます。

採用情報 記事一覧へ